沖縄旅行のピーディークラブ ■サイトマップ
沖縄旅行はおまかせください

与那国島ダイビング情報&宿情報

TEL:03-3466-6040
トップ>与那国島ダイビング&宿情報
与那国島イメージ写真

与那国島ロゴ

旅行料金表:東京発大阪発名古屋発福岡発左記以外の出発地

与那国島ダイビング情報

与那国島イメージ写真2沖縄では珍しいボートでのドリフトダイブが主流です。「遺跡ポイント」や「青の洞窟」のように神秘的な地形やダイナミックなドロップオフ、ホールなどの複雑な地形が楽しめるほか、砂紋が美しい砂地やソフトコーラルの群生など季節によりバラエティに富んだポイントが楽しめます。他では見られない大物や回遊魚、珍しい生物が豊富に見られるのも与那国の魅力。ギンガメアジやバラクーダのトルネード(大群)やロウニンアジ、イソマグロ、ウミガメやナポレオンは年間を通じて見られます。冬にはハンマーヘッドシャークの群れが見られることでも有名ですが、時にはカジキ、オキゴンドウやイルカなどの大物が見られることもあります。

冬〜春にかけては西崎(いりざき)から「遺跡ポイント」まで島の西側〜南側にあるポイントが中心で、特に「ハンマーヘッドロック」に代表される西崎周辺のポイントは流れが速い上に深く、ハードなドリフトダイブとなるため上級者向けです。ハンマーヘッドは例年12月中旬から5月頃まで姿を現しますが特に水温が下がる1〜3月がベストシーズン、比較的浅い場所で見られるため遭遇率が高くなり100〜200尾もの大群がゆったりと泳ぐ姿が見られます。島の南側に位置する「遺跡ポイント」も風向きのよい11月〜4月までが確率が高く、反対に夏は海況次第でエントリーできないこともあります。久部良港からメインとなる西崎周辺まではボートで3〜5分、南西側のポイントで10〜15分程度、最も遠い「遺跡ポイント」でも約25分と近いので1日3ダイブでも余裕を持って楽しめます。

初夏〜秋までは島の北側のポイントがメインとなります。穏やかで流れのないポイントが多いので初心者やドリフト未経験のダイバーでも問題なく楽しめます。見られる生物の種類や魚影の濃さでは夏〜秋がベストシーズン、ドロップオフ沿いにはムレハタタテダイやカスミチョウチョウウオが群れ、太陽の位置が高いため砂地と海の色のコントラストもより鮮やかに美しく見えます。春〜初夏に生まれた幼魚、ノコギリダイやウメイロモドキなど若魚の群れ、バラクーダの群れも500尾 以上とより数が増して迫力があります。珍しいマクロ生物も豊富なのでフィッシュウォッチングやカメラ派にもおすすめ、「青の洞窟」で はダイビングのほかスノーケリングも楽しめます。
 

<ダイビングサービスリスト>                 ※2016年1月現在(金額は変更になる場合がございます)
ダイビングサービス名 OP(3本目) レンタル代 キャンペーン特典・備考
ダイビングサービス・マーリン 6,000円 フル5,775円
重器材3,150円
スーツ1,050円
 

与那国島情報宿泊施設

宿泊先 ロケーション・特徴・アメニティ・ほか
民宿さきはら荘(祖内) 空港から車で7〜8分、祖内の中心部にある和室10室程度のこじんまりとした民宿。クーラー(無料)、バス・トイレ共同。掃除も行き届いて清潔なので女性1名でも安心して泊まれます。食事は沖縄料理が中心の和食、ボリュームもあり美味しいと評判。すぐ近くにスーパーもあるので便利です。
※曜日や島内行事等により夕食のご準備ができないことがあります(予約時にお問合わせください)
ふじみ旅館(祖内) 空港から車で7〜8分、島の北東側、祖内集落にある民宿。和室12室、エアコン無料、TVはコイン式。トイレやシャワーは共同(男女別の浴室が各1)。食事は家庭的な和食・沖縄料理など。掃除は行き届いていて清潔。器材の洗い場・干し場もあり、洗濯機は有料で利用できます。
民宿おもろ(祖内) 祖内の集落にあり、赤瓦の屋根が印象的な木造民家風の民宿。和室が全6室、コインクーラー付、TVなし。 シャワー・トイレ等は共同(男女別の浴室)、掃除は行き届いていて清潔。おかみさんの人柄が評判のアットホームな宿。すぐ近くにレンタカー( レンタバイク)や飲食店も多数あり便利な場所。
こみね旅館(祖内) 空港から車で8〜9分、アウトバスの和室にエアコン・TV付(無料)、トイレ・シャワーは共同。一部インバスの部屋もある(料金UP)。清潔できれいな室内、 タオル、歯ブラシなどのアメニティも用意有。食事は和食・沖縄料理が中心、量が多めで美味しい。隣に喫茶店(食堂)の「峰」を併設。
アイランドホテル与那国 空港から車で2分と最も空港に近 い宿で、与那国島では唯一のホテル。1名〜3名まで利用可能なツインルームが75室と4名までのデラックスルームとバリアフリールームが各1室。朝食無料サービス 、夕食は館内併設のレストランも利用可能。祖内まで車で5分。空港からの無料送迎バスもあります。
その他の宿泊施設 久部良地区:与那国観光ホテル、よしまる荘、民宿はいどなん、他。 
祖内地区:旅の宿阿壇(あだん)入福旅館、他。

与那国島案内

与那国島イメージ写真3日本の最西端にある与那国島。石垣島から約110km、そして台湾まで117kmと国境近くにある島です。島への交通手段は石垣島から39人乗りのRAC(琉球エアーコミューター)が1日3便、那覇から与那国へのRACが1日1便往復しています。 また、石垣から与那国へのフェリーは週に2便運航しています。
東京からは早朝の石垣直行便を利用すると午前中に与那国島に到着することができます。東京以外の都市からは当日の夕方までに到着することが可能ですが、与那国空港から久部良、祖内の集落まではそれぞれ車で約7〜8分。ダイビングスタッフが送迎をいたします。

与那国島マップ東西に細長い島の東端は文字通り東崎(あがりざき)、西端は西崎(いりざき)。沖縄の言葉で東が「アガリ」、西は「イリ」、太陽が「上がる、入る」からきています。ちなみに北は「ニシ」、南は「ハイ」 といいます。
島には集落が2つあり、祖内には飲食店や民宿、商店や民家が集中してにぎやかです。伝統工芸館や民族資料館、泡盛工場などがあり見学できます。
西崎近くの久部良は漁港の周辺にホテルや民宿が数件、売店や飲食店が3〜4件あります。西崎の展望台までは徒歩で25分、「日本最西端の碑」が建ち水平線に沈む夕陽を眺めることができます。天気がよい時は夕陽をバックにして台湾の島影が見えることもあります。

与那国島イメージ写真3タクシーが4〜5台しかない島なので、レンタカーやレンタバイクを借りてのドライブもおすすめです。車で島を1周しても1時間程度、与那国の海は濃い藍色、島の周囲は断崖に囲まれ「遺跡ポイント」を彷彿とさせる独特の景観を保っています。クブラバリ、サンニヌ台、立神岩 などの観光名所もあります。
最近の人気スポットは「Dr.コトー診療所」のロケ地。診療所のセットは南牧場の近く、比川浜にあります。漁協や別れのシーンなどの多くは「久部良港」で撮影が行われています。島には牧場も多く、牛や野生の与那国馬が一般道をのんびりと散歩している姿に出会うこともあります。

●面積:約28.84km2 人口:約1,800人

●リンク:与那国町役場

   旅行料金表:東京発大阪発名古屋発福岡発左記以外の出発地


お問合せ・お申込方法
株式会社ピーディークラブ  Copyright (C) 1999-2009  P.D CLUB Co.,Ltd. All Rights Reserved