沖縄旅行のピーディークラブ ■サイトマップ
沖縄旅行はおまかせください

小笠原ダイビングツアーご案内

TEL:03-3466-6040
トップ小笠原ダイビングツアー

2016年7月に「新おがさわら丸」就航!
所要時間が1時間30分短縮され、新しいタイプの船室も誕生。
より早く快適な船旅をお楽しみいただけるようになりました。

小笠原のご案内/海・交通・ダイビング・宿泊

小笠原のバンドウイルカ
PHOTO:森田 康弘(小笠原ダイビングセンター)
※写真の無断転載を禁止いたします。

小笠原諸島の海

東京の南、約1000キロに位置する小笠原諸島は今まで一度も他の陸地と接したことがないため、独自の生態系を保ち東洋のガラパゴスと呼ばれています。海中でも同様に豊かな自然に恵まれた素晴らしい生態を見ることができます。
父島を中心に兄島・弟島、ケータ(聟島)列島、母島など広い範囲の島を取りまくダイナミックでスケールが大きな海は魚影が濃く、見られる生物の種類も多種多様です。アンカーを打たないドリフトダイブが中心で、ポイントによってはカレントが強く地形が複雑なため深さの変化もあり、中級〜上級者向きのエリアです。
年間を通じてダイビングを楽しむことができますが、春から秋にかけては風向きもよく海況が安定します。5月〜9月はケータ諸島へ足を伸ばせる確率が高く、イルカのベストシーズンです。夏〜秋にかけてはマッコウクジラ、1月〜4月は人気のザトウクジラやトビエイの大群が見られ、ダイビングだけでなくドルフィンスイムやホエールウォッチングも盛んです。

小笠原への交通手段

空港がない小笠原諸島は東京からの定期船が唯一の交通手段です。
小笠原海運の「おがさわら丸」で父島まで24時間、往復とも船内で1泊となります。おがさわら丸は通常6日間で一往復となりますので、ご旅行の日数も6日間が基本です。2航海にまたぐ場合は12日間、または13日間の日程となります。 (GW、夏休み等は3日間に一往復の場合があり、7〜10日間コースもございます)
小笠原への航路 《おがさわら丸》スケジュール
 1日目: 東京・竹芝桟橋 11:00出港【船中泊】
 2日目: 小笠原(父島)・二見港 11:00到着
 3日目〜4日目: 小笠原・父島滞在(3泊4日)
 5日目: 小笠原・二見港 15:30出港【船中泊】
 6日目: 東京・竹芝桟橋 15:30到着

2016年に新しくなったおがさわら丸は船室のタイプも変わりました。全席指定、基本の2等和室(エコノミー)はカーペット敷きの大部屋で、ヘッドサイドには仕切りがありおひとりずつ区切られたスペースに マットレスや毛布などの寝具が用意されています。新しく増設された2等寝台・特2等寝台はカーテンつきの2段ベット、2名〜4名の対面式となり、よりプライバシーが保たれるようになりました。それぞれのデッキごとに男女別のシャワールーム・トイレ・洗面所などの施設があります。また女性専用のレディスルーム(予約制)も あります。1等〜特等室は2名〜4名用の個室となります。

おがさわら丸の航路図

【小笠原諸島全図】
小笠原諸島全体図

小笠原 旬な情報

天候と気温

太平洋の真ん中にあるため年間を通じて雨が少なく、梅雨の時期でも雨はあまり降りません。時々スコールのような激しい雨が短時間降る程度なのでダイビングには影響しません。冬でも本州より暖かく12月下旬〜2月でも日中の気温は15〜20℃前後、3月になると暖かい日は気温が20〜25℃前後、Tシャツに薄めの上着で過ごせますが天候の悪い日は15℃前後まで下がります。4月下旬からは日中の気温が25〜30℃、陽射しも強く初夏の気配が漂います。

水温とおすすめのスーツ

1月〜2月の水温は20℃前後、ウエットスーツは5〜6ミリの長袖ワンピースにインナーとしてフードベスト(レンタル可能)の重ね着やツーピース、慣れている方はドライスーツがおすすめです。移動中のボート上では風が冷たいのでボートコートやウインドブレーカーなどの上着、ニットの帽子や手袋をご用意ください。1月〜4月は移動中にホエールウォッチングのチャンスもありますので防寒対策はお忘れないように。3月から水温は少しずつ上がりはじめ、4月〜5月の水温は22〜24℃、ポイントが広範囲に広がるため深度・潮周りにより水温には差があります。6月下旬には水温24〜26℃、7月下旬〜10月は26〜28℃まで上がります。

見られる生物とコンディション

父島周辺(兄島・弟島、南島)のポイントはボートで20〜40分ほど。
ミズタマヤッコ、ユウゼンなどの固有種やピグミーシーホースなどの珍しい生物、ウメイロモドキやクマザサの大群、イソマグロ、シロワニ、トビエイやウミガメ、イルカやクジラ等の大物まで多種多様な生物が見られる貴重な生態系です。
4月〜10月は海況や条件次第でケータ方面へ足を伸ばすことも可能、片道2時間ほどの道のりですがイソマグロの大群、さらに手付かずポイントでダイナミックなダイビングが楽しめます。また、春〜秋にかけてはボートでの移動中にイルカの群れに遭遇することも多く、時には水中でイルカを見られることもあります。6月〜11月はマッコウクジラ、12月〜4月 はザトウクジラが見られるほか、秋から春の人気ポイント「閂ロック」ではトビエイの大群を見ることができます。
★海況の詳細は小笠原ダイビングセンターHP(ダイブログ)をご覧ください。

小笠原のウメイロモドキの群れ小笠原のピグミーシーホース小笠原のイソマグロの群れ
視界一面にウメイロの大群!ピグミーシーホースなどマクロOK!回遊魚も群れで現れます!
PHOTO:小笠原ダイビングセンター 森田 康弘(左・中央)、古賀 昭仁(右)
※写真の無断転載を禁止いたします。

ダイビングサービス「小笠原ダイビングセンター」

小笠原ダイビングセンター:東京都小笠原村父島字東町/TEL04998-2-2021
返還後の小笠原で最初にダイビングサービスを始めた老舗です。小笠原諸島の全域を知り尽くしたベテランスタッフが季節ごとの魅力を見せてくれます。イソマグロ、クジラなどの大物生物はもちろん、マクロ・カメラ派の方も安心してお越しください。高速の大型クルーザー「韋駄天V」でケータ方面への遠征も快適、小回りのきく小型ボートも導入し目的別にグループ分けも可能です。ポイントやコンディション次第で1日3ダイブや、ナイトダイビングもOKです。併設のコンドミニアムに宿泊もできるのでお一人でも安心してご利用いただけます。
小笠原ダイビングセンターの韋駄天V 大型ダイビング専用クルーザー
「韋駄天V」は全長63フィート/最大スピード24ノット/最大定員38人までOKです!

高速ボートで父島の周辺をはじめ母島やケータ列島まで幅広いポイントへとご案内します。後部のデッキからは一度に4人がエントリー&エキジットでき、特にエキジットのときにはフィンをはいたままでもあがれるので女性やご高齢の方でも安心してご利用いただけます。ゆったりした大型ボートなのでケータ方面まで足を伸ばすときでも快適、アッパーデッキにはデッキチェアが用意されています。眺めもよく移動中でもリラックスして快適にお過ごしいただけ、船酔いが心配な方も安心です。キャビン、トイレ、真水のシャワーもあります。
PHOTO:古賀 昭仁(小笠原ダイビングセンター)※写真の無断転載を禁止いたします。
  • リフレッシュコース

    初心者で自信のない方(特に経験20本以下の方)には、一般のお客様とは別に小人数のリフレッシュコースも開催しています 。(ゴールデンウィークやお盆等の繁忙期は混雑のためにお受けできない場合がございます。ご予約時にご相談ください。)
  • レンタル器材

    ご予約時にお申しこみください。代金は現地でのご精算となります。
    ◆フルセット:1日/8,640円 ◆レギュレータ・BC・ウエットスーツ:1日/各2,160円
    ◆フードベスト:1日/1,080円(期間により割引がありますのでお問い合わせください)
  • 到着日のダイビングOK

    到着日の午後はチェックダイブをかねて1ダイブできます。比較的穏やかで近いポイントを選んで潜りますので、小笠原が初めての方、自信のない方やブランクのある方には足慣らしとしておすすめします。(追加の2ダイブ目は現地到着後にお申し込みください)
  • ケータ列島

    春〜秋はコンディション次第でケータ方面への日帰りダイブも可能。ケータ方面まで2時間前後かかりますので海況・人数・お客様の経験レベルなど、条件が揃わないと行けない場合もあります。12〜13日間の旅程の場合はコンディション次第で船中1泊2日でのケータツアー(別料金)も可能です。
  • 母島

    季節や天候・海況次第では母島方面に足を伸ばすことも可能(別料金)。
  • ホエールウォッチング

    季節によりマッコウクジラ、ザトウクジラのウォッチングツアーも可能(別料金)。

小笠原小魚の大群

小笠原のバンドウイルカ2

小笠原のシロワニ

小笠原のイソマグの群れ2

※ケータ方面や母島など遠くのポイントは料金UPがあります。
(当日の天候・海況、人数などの諸条件により催行となりますため、現地でお申し込みの上、差額をご精算ください)
◎ケータ (嫁島)・母島方面
日帰り2ボートダイブ代:
 通常価格+3,780円〜
◎ケータ(媒島以北)
日帰り2ボートダイブ代:
 通常価格+4,880円〜
料金は季節により変動する場合があります。詳細は小笠原ダイビングセンターにお問い合わせください。

宿泊先

《基本プラン》朝・夕食付き
ヴィラ・シーサイド(和室1〜3名1室/バス・トイレ共同)
※1名でのご利用はシングルUP(1泊2,000円)がかかります
別館プルメリアヴィレッジ(洋室/バス・トイレ付)は料金UP
父島ペンション(和室2〜8名/バス・トイレ共同)
※1名でご参加の方は男女別の相部屋となります


《コンドミニアムプラン》お食事なしのプランです

小笠原ダイビングセンター併設コンドミニアム
(洋室1名〜4名用/バス・トイレ・キッチン付)
※食事なしのため基本プランより(1泊2,000円)お安くなります
※1名でのご利用はシングルUP(1泊2,000円)がかかります

◆基本プランのヴィラシーサイド本館(和室)はバス・トイレ共同。別館(洋室ツインルーム)はバス・トイレ、キッチン付、お食事は本館の食堂利用となります(本館まで徒歩2〜3分)。
◆小笠原ダイビングセンターに併設のコンドミニアムはダイビングショップの2F〜3Fにあります。1名〜4名用の洋室には浴室・トイレ・キッチン(調理用具一式)付。お食事の用意はありませんが近くには飲食店多数、売店・パン屋などもございます。
※宿泊施設・部屋タイプ等により料金が変動する場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

オプショナルツアーについて

3ダイブ目のオプショナルダイブや最終日のダイビングも現地到着後にお申し込みいただけます(最終日にご精算ください)

ダイビング以外のオプショナルツアーに関しては直接問い合わせの上、ご自身でお申し込みください。
ドルフィンスイム、ホエールウォッチング、フィッシング、シーカヤックなどのマリンスポーツ、乗馬、自然観察ツアー、島内観光、手作り体験などのオプショナルツアーも各種ございます。
最終日には船の出航時刻に合わせた半日ツアーや、季節限定で夜の自然観測ツアーなどもございます。個人で自由に島内観光をしたい方にはレンタカー、レンタバイク・サイクルのほか、観光タクシーのご利用も可能です。

ほとんどのツアーは前日〜2日前までに予約すればだいじょうぶなので、小笠原到着後にお申込みいただくことも可能です。GW、夏休み、年末年始などの繁忙期はたいへん混みあいますので事前のご予約をお勧めします。各施設等にお問い合わせの上、お早めにお申し込みせください。
各種アクティビティ、オプショナルツアーの情報はおがさわら丸の船内掲示板(レストラン入口)や、各民宿・ペンションの掲示板に貼られています。または小笠原観光協会(TEL:04998-2-2587)にお問い合わせください。

お問合せ・お申込方法
株式会社ピーディークラブ  Copyright (C) 1999-2009  P.D CLUB Co.,Ltd. All Rights Reserved