沖縄旅行のピーディークラブ ■サイトマップ
沖縄旅行はおまかせください

沖縄ダイビング・天候情報

TEL:03-3466-6040
トップ>沖縄の天候情報

(2021年12月20日更新) 

島ごとの天候・水温などの状況は随時変わりますので詳細はお問合せください。

◆1月〜2月中旬の天候・気温

1月中旬〜2月は1年で最も気温が低く、天候による気温差が激しい季節です。
最高気温は17〜23℃、最低気温は14〜18℃ほどなので水中の方が暖かく感じるほどです。
天候や風による気温差が最も激しい季節です。天気が悪い時には、まれに気温が10〜12℃前後まで下がることもあります。台風の心配はありませんが、前線の通過などで強い風が吹くと海が時化ることもあります。また北風の影響でダイビングができるポイントも制限されます。
この季節は沖縄や奄美地方でもストーブやコタツを目にするようになりますが、ホテル等のエアコンはクーラーのみで暖房機能がついていません。 寝具なども本土に比べると薄めなので、寒がりの方はご注意ください。
※一部の離島では12月〜2月頃まで冬休みに入るショップがありますので、詳しくはお問い合わせください。
季節の風物詩、ザトウクジラが見られます。
12月末から4月上旬にかけてケラマ諸島・久米島など沖縄本島周辺 から奄美諸島、小笠原諸島の近海にザトウクジラがやって来ます。各島でホエールウォッチングツアーも開催され、水面で激しくジャンプする迫力満点のクジラや、母クジラに寄り添いながら泳ぐかわい らしい子クジラの様子も見られます。

《ウエットスーツ》
5mmのワンピースにインナーを重ね着するかツーピース、寒がりの方にはドライスーツがお勧めです。
日没も早くなり、夕方や雨天の日などはダイビング後の濡れたウエットスーツに風が当たって冷えるのでスーツの上に羽織れるようなウインドブレーカー、ボートコート等 をご用意ください。
特にホエールウォッチングでは長時間ボートで移動しますので、ニットの帽子や手袋もあると安心です。

◆2月下旬〜3月の天候・気温

3月になると暖かい日がだんだんと増えて、春の気配が漂いはじめます。
中旬になると日中の気温が25℃を超える暖かい日が増えてきます。陽射しも1日ごとに強まり春の気配が色濃くなります。風向きも南に変わり始めるので、冬場は潜りにいけなかったポイントでもダイビングできるようになります。

《ウエットスーツ》
ドライスーツ、ツーピース。ワンピースにはフードベストなどのインナーを重ね着がおすすめです。
スーツの上には折れるボートコートやウインドブレーカー、ニットの帽子や手袋もあると安心です。

予想気温・水温とスーツの種類

1月 2月 3月
上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬

最高気温
最低気温
17〜26℃→→→→13〜23℃→→→→→→15〜25℃→→→→→15〜27℃→→→→→
15〜18℃→→→→12〜16℃→→→→→→→→→→→→→→→15〜20℃→→→→


屋久島 18〜21℃→→→→→17〜19℃→→→→→→→→→→→→19〜21℃→→→→→
奄美〜沖永良部 21〜23℃→→→19〜21℃→→→→→→→→→→→21〜22℃→→→→→→→→
沖縄本島・ケラマ 22〜24℃→→→→19〜21℃→→→→→→→→→21〜22℃→→→→22〜23℃→
宮古・多良間 23〜24℃→→→22〜23℃→→→→→→→23〜24℃→→→→→→→24〜25℃→
石垣・八重山 23〜25℃→→→22〜24℃→→→→→→→→→→→→→24〜25℃→→→→→→
小笠原 20〜22℃→→→→→19〜21℃→→→→→→→→→→→→→20〜22℃→→→→

スーツ

5ミリ長袖ワンピース・ツーピースなど →→→→→→→→→→→→→→→→→→→
ドライスーツ→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

沖縄の水温は3月中旬から少しずつ上がり始めて、7月下旬〜9月がピークとなります。9月末からは潮の流れや天候・台風などの影響により上下の変化を繰り返しながら少しずつ低くなっていき、1月下旬〜3月初旬までが最も低くなります。ポイントや深さ、潮流により差がありますので、あくまでも目安としてお考えください。

沖縄県の天気予報・台風情報・マリン情報


お問合せ・お申込方法
株式会社ピーディークラブ  Copyright (C) 1999-2009  P.D CLUB Co.,Ltd. All Rights Reserved