沖縄旅行のピーディークラブ ■サイトマップ
沖縄旅行はおまかせください

沖縄ダイビング旅行 沖縄の天候情報

TEL:03-3466-6040
トップ>沖縄の天候情報

(2016年7月13日更新) 

島ごとの天候・水温などの状況は随時変わりますので詳細はお問合せください。

◆7月〜9月上旬の天候・気温

7〜8月は文字通り真夏ですが日中の気温は30〜33℃。ただし陽射しは猛烈です!
日中の気温は30〜33℃、天気の悪い日でも28℃前後になりますが、本州のように35℃を越えるという強烈な暑さではありません。 朝・晩や風通しの良い日影などは過ごしやすく、むしろ本州よりも涼しいほどです。
ただし陽射しの強さだけは比べ物にならないほど、日焼け止め・サングラス・帽子は必需品です。 日中の繁華街や港などの日なたでは気温も高く、短時間でも強烈に日焼けしますのでご注意ください。
また、この時期はホテルや空港、飲食店などでは冷房が効きすぎて寒いこともありますので、陽除け用も兼ねて長袖のシャツなどが1枚あると重宝します。
例年と比べて極端に台風が少ない今年ですが、もともと7月に台風ガ発生しても沖縄に接近する可能性は高くありません。ただし最近は年により台風の傾向が違いますので気象庁の予報ページなどを参考にご覧ください。
《ウエットスーツ》
今年の水温は28〜30℃とかなり高いので3〜5mmのワンピース1枚で十分です。シーガルでもOKです。

◆9月中旬〜10月の天候・気温

日中の気温は30〜32℃とまだまだ夏の気配ですが、10月にはいると朝晩の風が涼しく感じることも。
10月でも晴れた日は30℃以上の真夏ですが、だんだんと朝・晩の風が涼しく感じるようになります。
太陽の位置が低くなるにつれ陽射しも和らいできますが、まだまだ日焼け止め・サングラス・帽子は必需品です。
また、10月中旬になると新北風(ミーニシ)と呼ばれる季節風が吹き始めるため、海が時化ることがあります。
島の北側のポイントなど、海況次第でポイントが制限されることもありますのでご注意ください。
11月になるととミーニシは止まり、海況は安定します。
台風が気になる季節ですが、年により台風の傾向が違いますので気象庁の予報ページなどを参考にご覧ください。
《ウエットスーツ》
水温が高めのままならば、10月でも3〜5mmのワンピースで問題ありません。

予想気温・水温とスーツの種類

7月 8月 9月
中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬

最高気温
最低気温
29〜33℃→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
27〜28℃→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→


屋久島 26〜27℃→→→→→→→27〜28℃→→→→→→→→→→→→→ → → →
奄美〜沖永良部 27〜29℃→→→→→→→→→→28〜29℃→→→→→→→→→→→ → → →
沖縄本島・ケラマ 28〜30℃→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→ → → →
宮古・多良間 28〜30℃→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→ → → →
石垣・八重山 28〜30℃→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→ → → →
小笠原 26〜28℃→→→→→→→→→27〜29℃→→→→→→→→→→→→→ → → →
三宅島 26〜27℃→→→→→→→→→→→→→27〜28℃→→→→→→→→→ → → →

スーツ

5ミリ長袖ワンピース→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
3ミリシーガルスーツ→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

沖縄の水温は3月中旬から少しずつ上がり始めて、7月下旬〜9月中旬までがピークとなります。9月末からは潮の流れや天候・台風などの影響により上下の変化を繰り返しながら少しずつ低くなっていき、1月下旬〜3月初旬までが最も低くなります。ポイントや深さ、潮流により差がありますので、あくまでも目安としてお考えください。

沖縄県の天気予報・台風情報・マリン情報


お問合せ・お申込方法
株式会社ピーディークラブ  Copyright (C) 1999-2009  P.D CLUB Co.,Ltd. All Rights Reserved